プリント専用ページのリンク
海老名欅ロータリークラブ会報
第1135回例会
2020年(令和2年) 10月8日
 久保田英男ガバナー、辻彰彦ガバナー補佐、ようこそお越しくださいました。
  本日はガバナー公式訪問ということで久保田ガバナーには後ほど卓話・懇談会をお願いしておりますのでよろしくお願いいたします。
 白石ロータリークラブとの姉妹クラブ締結に向け、準備を進めているところですが、11月に白石ロータリークラブへクラブ訪問を実施いたします。参加可能な方はご同行願います。
   

【ガバナー事務所より】

☆2020年10月のロータリーレートは1$=105円とのお知らせがありました。

【例会変更のお知らせ】

大和RC
2020年10月13日(火)
→夜間移動例会に振替

   
 
   
 
 
ゲスト: 第2780 地区ガバナー 久保田 英男様
ゲスト: 第6G ガバナー補佐 辻 彰彦様

   

国際ロータリークラブ第2780地区

 久保田英男ガバナー

 本年度、第2780地区ガバナーを務めております、鎌倉ロータリークラブの久保田英男です。よろしくお願いいたします。
  当地区として、国際ロータリー会長ホルガ―・クナーク氏が掲げる「ロータリーは機会の扉を開く」を実践すべく、地区目標を掲げました。現在、コロナ禍の中、地区においても様々な事業を中止・延期せざるを得ない状況です。青少年交換留学生の受け入れは当面停止しております。しかし、本事業は、将来、留学生が国と国を繋ぐ架け橋となってもらう重要な目的があるため再開・継続に向け検討しているところです。また、会員増強について、本年度は地区として各クラブに目標人数を掲げず、地区全体での目標人数を設定しました。これは、各クラブが会員維持に努めてもらいたいという思いもありますが、各クラブが適正な会員数を把握し、増強活動を実践して欲しいという考えからです。海老名欅ロータリークラブにおいては、30周年記念事業に向け、50名クラブを目指してみても面白いのではないかと思います。そのためにも、クラブにおける中長期計画が重要であり、単年度体制のクラブ運営において、変わることのない中長期的な戦略的計画を立てる必要があります。実現するには、理事・役員会とは別委員会を組成し、既存の理事・役員会と連携を図っていくことが重要です。
  エンドポリオについては、ナイジェリアでの感染者がいなくなりアフリカ大陸からの撲滅を果たすことができました。残すところはアフガニスタンとパキスタンのみですが、ポリオ撲滅には生ワクチンを接種することから輸送・接種にかかる費用なども膨大なものになるため、引き続きご協力をいただきたい。
   
 
   
 
会員数
出席計算に用いた会員数
出席
出席率
36名
36名
29名
80.56%