プリント専用ページのリンク
海老名欅ロータリークラブ会報
第1133回例会
2020年(令和2年) 9月24日
 本日はガバナー補佐訪問です。大和中ロータリークラブより第6グループガバナー補佐 辻彰彦様、ようこそお越しくださいました。後程、卓話をお願いいたします。
  先日の海老名ロータリークラブとの合同例会お疲れ様でした。
 辻AGとは幹事年度に大変お世話になりました。再来週にはガバナー公式訪問となります。
 4連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。今年の企画の1つである、白石ロータリークラブとの姉妹クラブ締結については10月に訪問できるよう企画をしております。一緒に行ける方はお声掛けさせていただくのでよろしくお願いいたします。コロナ禍においても記憶に残るような一年にしたいと思います。
   

【ガバナー事務所より】

☆第7 回日台ロータリー親善会議福岡大会開催中止のご報告がきております。

☆2022 年規定審議会立法案(制定案)地区提案承認の件にての書類が届いております。

☆インドからの緊急国際支援要請に対するご協力のお願いが届いております。

【米山記念奨学会より】

☆ハイライト米山 Vol,246号がはいしんされました。

【例会変更のお知らせ】

大和中RC
● 9月24日(木)取り止め例会 
● 10月8日(木)取り止め例会
● 10月15日(木)通常例会に変更
● 10月22日(木)通常例会に変更
  ※メイクは12時30分~14時で受け付けております。

   
ゲスト:第6G ガバナー補佐 辻様(大和中RC)
   
 

ゴルフ同好会
  10月29日(木)ゴルフ同好会開催予定です。

ウィンターイルミネーションの件
  えびなイルミネーション2020への協賛をお願い致します。

   
 
会員数
出席計算に用いた会員数
出席
出席率
36名
36名
22名
61.11%
   
 
 ソフトウェア開発会社を神戸で立ち上げたが、阪神淡路大震災に被災。自身も全治6か月の大けがを負う中、ボランティアの方が物資を運んでくれる姿をみて感銘を受けたことを覚えています
RI の今年度の目標は「ロータリーは機会の扉を開く」
久保田ガバナー
久保田ガバナーの目標「TOGETHER ~もっと自由に」
地区目標の披露
1.RI 会長テーマ及びビジョン声明・戦略(行動)計画・強調事項の推進
2.RI ロータリー賞への積極的なチャレンジ
3.会員増強・会員維持・クラブ拡大
   数値での増強ではなく、各クラブにふさわしい会員の増強を目指す
4.青少年育成の推進
   インターアクト、ローターアクトの設立推奨
   RYLA の開催、青少年交換の実施 ※コロナ禍により、本年度は中止
5.クラブの戦略(長期)ビジョン策定の推進
   5年先の計画を立て、1年毎の目標を立てる。
6.奉仕活動推進のためのロータリー財団への年次寄付
   各寄付金については目標額が定めてあるが、各寄付がどのように利用されているか関心を持ってもらいたい。
7.米山奨学会寄付
   米山奨学金がどのように利用されているか関心を持ってもらいたい。
8.ポリオ根絶の推進
   2013 年厚木鮎祭りを皮切りにエンドポリオに取り組んでいる。
9.「1クラブ1プロジェクト」の継続と奉仕プロジェクト支援以上、9項目をもってクラブ計画に取り組んでもらいたい。
ガバナー公式訪問の際には、ざっくばらんに質問をし、友好を深めてもらいたい。
伊藤直前幹事とは高校時代の旧友。このようにクラブ訪問の際、旧友に会えることは感慨深い思いがある。