海老名欅ロータリークラブ
ホームへ
ロータリークラブとは
 
  •  ロータリークラブって何だろう
  •  奨学金制度
  •  R.I.テーマ
  •  ガバナー地区方針
  •  ロータリーソング
  •  
    海老名欅ロータリークラブ
     
  •  倶楽部の概要
  •  プログラム
  •  役員・理事
  •  委員会一覧(組織図)
  •  会員名簿
  •  会員事業所紹介
  •  
    今年度の方針
     
  •  会長方針
  •  会員増強委員会
  •  管理運営委員会
  •  広報IT委員会
  •  奉仕委員会
  •  財団米山委員会
  •  親睦委員会
  •  
    例会
     
  •  通常例会場のご案内
  •  
    週報
     
  •  週報目次
  •  
    委員会活動報告
     
  •  委員会活動報告
  •  
     
    メンバーサイト
     
     
     
    SINCE 2006.07.01
    海老名ロータリークラブ欅リンクバナー
     
     
     
    ロータリークラブとは

    国際ロータリークラブ2780地区

    2011-12 年度ガバナーエレクト

    森 洋(横須賀北RC)

    森 洋

    2011-12 年度地区運営方針

    「世界は絶えず変化しています。そして、私たちは世界とともに変化する心構えがなければなりません」

     この言葉は、ロータリーの創始者ポールハリスが1935年、今から75年以上前に本に書き記されており、そして、その言葉は、今もなお真実を表していると思います。
     一方、近年のロータリーはポリオ撲滅をはじめとするR 財団の活動の拡大、RI のプログラムの増加、会員減少化における地区組織の肥大化、DLP、CLP、RI 長期計画、未来の夢計画等、ロータリーの活動は大きく変貌し、地区内クラブを支援すべき地区の役割は増大の一途を辿っています。
     このような環境変化の中、あくまでもクラブが主体であり、クラブあって、地区、RI があるという原則を重んじつつ、複雑になってきたものを簡素化にして且つ充実させ、今年度後藤ガバナーから森、菅原年度へと連続性を持って効率よく地区組織運営をする決意です。

    具体的には

    1、RI 会長テーマおよび強調事項の推進
    2、RI 長期計画の推進
     (1)クラブのサポートと強化
     (2)人道的奉仕の重点化と増加
     (3)公共イメージと認知度の向上
    3、クラブ研修リーダーおよびクラブ研修委員会の設置
    4、地区財政基盤の確立
    5、第2780 地区のネットワークとブランド力の確立
    6、会員増強,維持の1クラブ 目標3人純増
    7、R 財団への寄付増進一人当たり180ドル以上、2013~14年に向けて未来の夢計画の啓蒙活動
    8、米山奨学会への寄付増進一人当たり20,000円以上の目標
    9、地区組織の効率化
    10、クラブと地区との融和
    11、地区幹事と副幹事の役割と責務
    12、G 補佐の役割と責務(DLP の更なる進化)
    13、地区長期計画の推進
    14、地区協議会、地区大会の有り様
    15、東日本大震災復興へのマッチンググランを含む支援と取り組み
    16、公益財団法人ロータリー日本財団の認定と税制上の優遇措置による財団寄付の増進

    心の中を見つめよう 博愛を広げるために
     
     国際ロータリー
    2011~2012年度テーマ
    『こころの中をみつめよう
    博愛を広げるために』
     
    ROTARY JAPAN WEB
     
    国際ロータリー第2780地区
     
    財団法人ロータリー米山記念奨学会
     
    海老名ロータリークラブ
     
    財団法人米山梅吉記念館
     
    海老名市ホームページ
     
    海老名商工会議所
     
     海老名欅ロータリークラブによる記念植樹
     
     
     
    海老名欅ロータリークラブ 事務局
    〒243-0432 神奈川県海老名市中央2-9-50(海老名プライムタワー10F)
    TEL 046-233-5122 FAX 046-233-3322

    E-mail:keyakirc@alto.ocn.ne.jp